一人暮らしの不摂生が分かる

一人暮らしの食生活はとにかく乱れがち。節約をしようとして余計にコストがかかってしまったり、栄養がかたよりすぎて体調を崩したりと、一人暮らしには注意しなければいけない事が多い。

不規則で体力勝負といわれる業界などで勤務する方は、コンビニの物ではないものの、やはりお弁当が出るようです。一人暮らしだとそれはそれでありがたいのですが、一般的なとんかつ屋さんの弁当はコンビニのものよりは添加物についての不安はなさそうですが、なにより揚げ物のみで野菜はなく、プラスご飯という組み合わせで確実に太るそうです。一人暮らしの体調管理というか、ほとんど食事の事に関する話になってしまいました。

一人暮らしの勉強になる

お勧めなのが、1度1日に必要な栄養について書いてある、料理本を読んでみるという事です。学生の時の家庭科でも習った事ですが、改めて大人になってからみると、1日に必要な栄養素が全然取れてないことが分かります。一人暮らしの不摂生が一目瞭然です。体調不良の原因が何の不足なのか根本から見直せるので、今後の生活改善に役立てられます。またテレビの料理番組も、一人暮らしの食生活に参考になることを学べます。

番組も日替わりで旬・短時間・カロリー・個性的な料理・伝統のものとテーマに変化をつけているので、興味のあるテーマの時はマメにチェックすると、一人暮らしの勉強になるでしょう。一時期ネットなどで、牛乳や卵が日本人には不要な栄養分であるというのが話題になりました。確かに東洋医学では牛乳をよくない食品とみる説もあるようですが、一人暮らしにはまったく関係ないですね。やはりどちらとも美味しいので、私は気にせず食べて飲んでいます。

Copyright 一人暮らしの食生活 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します