一人暮らしを質素に過ごす

一人暮らしの食生活はとにかく乱れがち。節約をしようとして余計にコストがかかってしまったり、栄養がかたよりすぎて体調を崩したりと、一人暮らしには注意しなければいけない事が多い。

私もおにぎり位は作って持っていったことはあるのですが、どうも炊飯器が悪いのか水がまずいのか、お米がよくないのか、炊き上がったご飯自体がおいしくありません。一人暮らしを始めてからずっとなので、おにぎりにしても美味しくなく、すぐに持って行くのを断念してしまいました。一人暮らしをして始めて気付いたのですが、お米はある程度の量を1度に炊く事で、より美味しいご飯に炊き上がるのかもしれません。

一人暮らしは物であふれる

でも添加物の入っているコンビニのものに比べれば、自家製おにぎりの方が体にとってはいいと思います。インテリア〜自分なりの部屋作り。女性の一人暮らしは大抵、物で溢れかえってしまうものです。特に衣類系はどんどん増えるばかりで、場所をとります。私はあえて物を置かないことで、部屋のスペースを確保しました。一人暮らしを始めた頃は大きめの机とイスがあったのですが、あまりに邪魔なので引越しの際に処分しました。

机は折りたたみ式で十分ですし、ベッドも場所を取りますので、布団にして場所を確保するのもよいでしょう。布団の場合は外に干せますので、清潔さも保てます。一人暮らしの色んな友達の部屋にいきましたが、私以上に質素な生活をしてる人はいませんでした。どの一人暮らしの家に行っても可愛らしく、ぬいぐるみいっぱいだったり、趣味のもので溢れかえったりしていました。しかし女性の場合ぬいぐるみは洋服と同じで場所をとるので、狭くなってしまいます。

Copyright 一人暮らしの食生活 2017
無断転載、無断コピー等一切を禁止します